訪問看護ステーションココア

tel.072-720-6900

営業時間 9:00~18:00

電話をかける

お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【定期勉強会】福祉用具に関する勉強会を開催致しました。

【定期勉強会】福祉用具に関する勉強会を開催致しました。

2020年02月14日

2月のココア定期勉強会では、福祉用具かりん様を講師にお呼びして福祉用具についての勉強会を開催いたしました。

 

 

 

 

医療介護職のみなさまは利用者様・患者様に対して適切に福祉用具の選定や提案、調整ができていますでしょうか??

私はココアに来て2年経とうとしています。(まだまだココア新米です)

それまではクリニックに7年在籍していましたが外来ですので福祉用具との関わりが少なく、福祉用具について挙げて下さいと聞かれても車椅子、歩行器、ベッド…?という知識しかありませんでした。

実際私は訪問リハビリでご利用者様を伺うと車椅子1つにしても車輪の大きさ、座面の広さ、背もたれの高さ等種類の多さに驚きました。豊富な種類の中からご利用者様に合ったものを探すのは難しいと思います。

ご利用者様の生活場面・環境、身体状況に合わせて、福祉用具を選択・提案し、より利用者様の生活の質を高められるか…言うのは簡単ですが実際は難しいところです。
カタログでは見えない部分や使ってみて違う!となる事も度々。。

ですがここに訪問リハビリ・訪問看護のやり甲斐や専門性があると思います。

福祉用具もレンタルと購入の2種類あります。レンタルに関してもデモ機と言ってお試しが出来るものもあります。
レンタルは介護保険点数の中でお借りする形になります。介護認定の認定度によって借りられるもの出来ないものがあります。(←私はココアで働き始めるまで知りませんでした。)

利用者様、CM様へご相談→福祉用具様へお試しでお借りする→実際使ってみる。使ってみて良ければレンタルしていただくといった流れです。

実際、本人様の身体機能に適した歩行器を選定したことで「より歩けるようになった!」「ちょっと外へ出る気持ちが出てきた!」等、そういうお言葉をいただけると私達も嬉しい気持ちになります。

福祉用具1つにしてもご利用者様の生活から切っても切り離せないものだと思います。
その生活の質を高めるためにも我々医療職者はご利用者様に合った福祉用具を選定・提案・調整できることが非常に重要だと思います。今回の勉強会では福祉用具のプロから学ぶことで、知識を深めることができとても良い学びの場となりました。

文書︰原

アナタにぴったりの働き方で

「自分らしい訪問看護・リハビリ・介護」を始めませんか?