訪問看護ステーションココア

tel.072-720-6900

営業時間 9:00~18:00

電話をかける

お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 医療従事者に対するコロナワクチン接種の進捗状況について

医療従事者に対するコロナワクチン接種の進捗状況について

2021年03月24日

日本でも2月17日より全国100か所の病院で合わせて医療従事者4万人を対象に新型コロナウィルスワクチン(以下、ワクチン)の先行接種が開始となりました。次いで行われる医療従事者等のワクチン優先接種の実施に向けて、当ステーションでも接種希望人数の調査を行っています。

厚生労働省は、3月中旬をめどに残るおよそ370万人の医療従事者に接種できる体制を確保し、4月からは65歳以上の高齢者、およそ3600万人を対象に接種を始めることにしています。その後は、基礎疾患のある人およそ820万人や、高齢者施設などの職員およそ200万人などを優先しながら、順次、接種を進める方針です。(2021年2月17日時点)

 

具体的に兵庫県や大阪府ではどうなのか?

兵庫県健康福祉部感染症等対策室ワクチン対策課よりお知らせいただいた内容では、厚生労働省より3月1週目に約2万回分、3月2週目に約2万回分のワクチンが兵庫県に配分されることとなりました。しかし、まだまだ数が限られており、地域の新型コロナ感染症患者の受け入れを行っている重点協力医療機関の従事者から開始する予定です。

 

 

高齢者への接種はいつから?

ワクチン接種を担当する河野規制改革担当大臣は、2月24日夜、記者会見し、4月12日から高齢者への接種を開始するとした上で「ワクチンが限られているので、当初は、数量限定になるが、配送システムや会場運営などの段取りを丁寧に確認してもらいながら、接種を円滑にスタートし、徐々に拡大していきたい」と述べ、すべての自治体に高齢者向けのワクチンの供給が始まる時期について「4月26日の週から、全国すべての市町村に行き渡る数量のワクチンの配送を行いたい」と述べました。

また、医療従事者への接種が当初の想定より多くなったため、4月から5月にかけては、高齢者と並行して接種が行われる可能性が大きいとして、医療従事者への接種を速やかに完了できるよう全力で取り組む考えを示しました。

具体的な時期についてはまだ確定していませんが、地域の医療従事者に対するワクチンの優先接種も少しづつ進んでいる状況にあります。安心した訪問業務を行えるよう進捗状況についてまたお知らせして参りたいと思います。

 

【ココアの看護師もコロナワクチン接種業務に協力します!】

当ステーションにも箕面市健康福祉部より5月中旬からコロナワクチン接種協力の依頼があり、ライフプラザ内・東生涯学習センター・西南生涯学習センター(会場は変更となる可能性あり)で行われるコロナワクチン接種業務にココアの看護師が参加し、問診相談・薬液充填・接種・接種介助・健康観察などを行う予定です。

 

文責:西田

アナタにぴったりの働き方で

「自分らしい訪問看護・リハビリ・介護」を始めませんか?